オーガニックドッグフードと無添加ドッグフードの違いとそれぞれの特徴

オーガニックドッグフードは、薬品が使われていない原材料を使用して製造されたドッグフードです。
無添加ドッグフードは製造の際に合成添加物が使用されていないドッグフードです。

オーガニックドッグフードと無添加ドッグフードはこのような違いがありますが、それぞれの具体的な特徴を挙げていきます。

オーガニックドッグフードは、原材料を作る段階で、農薬や化学肥料、薬品などを使用せずに作られたもので製造されます。
また、遺伝子組み換えでないものなど、オーガニックと名乗るための基準が厳しいのです。
そのため、オーガニックドッグフードを製造している国産ドッグフードメーカーはまだ少なく、主に外国産のドッグフードが売られています。
しかし、日本のオーガニック審査機関は、他の国よりも遅れているため、オーガニック審査機関をクリアしている外国産のドッグフードの方が、質が高いといえます。

オーガニック=無添加ではありませんので、製造過程において添加物が使用されているオーガニックドッグフードもあるということです。

無添加ドッグフードとは、体に害となる酸化防止剤や保存料、着色料などの合成添加物が含まれていないドッグフードです。
合成添加物は、発がん性やアレルギーの原因となるものもあります。
また、人では使用が認められていない添加物が、ドッグフードには含まれているものもあり、食べ続けると病気になる可能性があります。
無添加ドッグフードは、製造過程においてこのような合成添加物は使用されていないですが、原材料を作る段階で農薬や化学肥料、薬品などが使用されているかどうかは分かりません。
使用されていたとしても、製造段階で添加物が含まれていなければ、無添加ドッグフードと名乗る事ができるのです。

もちろん、オーガニックドッグフードでも製造過程で添加物を使用していないものや、無添加ドッグフードでも原材料にこだわっていて薬品等を使用していないものもたくさんあります。

そして、どちらのドッグフードも農薬が使用されている上に、添加物もたくさん入っているものに比べると、安全性は高いです。

ドッグフードの品質にこだわりたいのであれば、オーガニックの無添加ドッグフードがオススメです。
トップに戻る