骨を丈夫にする栄養素とドッグフード

犬は高い所から落ちたり、ちょっとした段差でジャンプしたり、フローリングですべってコケたりしただけで骨折するケースがよくあります。
特に小型犬や骨の細い犬種は、特に骨折しやすい傾向にあります。
また、犬種に関わらず加齢に伴い、骨粗鬆症になり、骨折のリスクが高まります。

このように骨のトラブルならないよう、骨を丈夫にするために、どのようなドッグフードがいいのでしょうか。

骨に必要な栄養素は、カルシウムです。
そのカルシウムが貯蔵されている所が骨です。
カルシウムは筋肉を動かす時や神経の伝達に使われています。
カルシウムが継続的に使われていると、カルシウムが不足し、骨が脆くなります。

カルシウムが不足しているからといって闇雲にカルシウムを摂取するのは逆効果です。
たとえば、成長期にカルシウムを多く摂りすぎると、骨の異常形成や骨折を引き起こす原因にもなります。

骨を丈夫にするためには、カルシウムの量ではなくバランスが重要です。
そのバランスを考える上で重要な物質はリンです。
リンとは、カルシウムと結合し筋肉や骨を作る働きをしています。

カルシウムとリンの割合が1:1もしくは2:1となるのが理想です。
このようなカルシウムとリンのバランスが、骨を健康にします。

リンも過剰摂取すると高リン血症を引き起こし、二次的に低カルシウム血症を引き起こす原因にもなり、骨を弱くしてしまう原因となります。
安すぎるドッグフードやジャーキーなどのおやつには、大量の添加物が含まれています。
添加物にもリンが含まれているため、カルシウムとリンのバランスが崩れやすくなります。
カルシウムもリンもそのバランスが非常に重要という事です。

また、その骨を支えるためには、周りの筋肉や関節なども丈夫で健康でなければいけません。
基本的には、犬が最も必要とする動物性タンパク質をしっかり取ることが大切です。

骨や周りの筋肉を丈夫にするためには、添加物や質の悪いタンパク質が使用されている安いドッグフードはオススメできません。
高価になりますが、無添加で、メインとして良質な動物性タンパク質が使われている総合栄養食のドッグフードをオススメします。
そして、ジャーキーなどのおやつは控えるようにしましょう。
おやつを与えるのであれば、無添加のおやつ、手作りおやつなどが良いでしょう。

骨を強くするためには、カルシウム、リン、タンパク質の栄養バランスに気を使った食事を与えるようにしましょう。
トップに戻る