ラブラドールレトリーバーに適したドッグフードとは?

ラブラドールレトリーバーは、人懐っこく優しい性格からとても飼いやすい犬種で、人気があります。

ラブラドールレトリーバーの特徴は、太りやすく、皮膚が弱いことです。
また、癌になりやすかったり、股関節が生まれつき弱かったりする子が多い犬種になります。

このようなことから、ラブラドールレトリーバーに適したドッグフードは、高タンパク低脂肪であり、アレルギー性皮膚炎や癌の原因となる粗悪な肉や穀物、添加物が含まれていないドッグフードがおすすめといえます。

良質な高タンパク低脂肪のドッグフードを選ぶには、穀物メインで作られた植物性タンパク質のドッグフードより、動物性タンパク質をメインにして作られたドッグフードを与える方が良いです。
さらに、アレルギーの原因になりやすい牛肉や豚肉がメインのドッグフードより、アレルギーの原因になりにくい鶏肉や鹿肉、ラム肉などがメインのドッグフードを選ぶことをおすすめします。
鶏肉、鹿肉、ラム肉は、アレルギーの原因となりにくいうえに、低脂肪なので肥満予防にも繋がります。

穀物がメインのドッグフードは犬には消化しにくく、また、アレルギーの原因や肥満にもなりやすいため、ラブラドールレトリーバーにはデメリットが多くなります。
このようなことから、穀物不使用のグルテンフリーやグレインフリーといったドッグフードをおすすめします。

そして、無添加ドッグフードをおすすめする理由は、合成添加物を摂取し続けると体に悪影響を及ぼす可能性があるからです。
酸化防止剤や合成着色料、保存料などの合成添加物は、比較的安く売られているドッグフードに含まれていることが多いです。
これは、粗悪な原材料を誤魔化す為であったり、品質を長持ちさせるために使われていたりします。
合成添加物の中には、発がん性が確認されているものや、アレルギーの原因になるものがあり、そのような物質がドッグフードに含まれることがあります。
遺伝的に癌になりやすく、アレルギー体質のラブラドールレトリーバーにとって、この合成添加物を摂取し続けることは、体にとって良くないことです。

最後に、ラブラドールレトリーバーは太りやすく、肥満にさせないような食餌管理も大切になります。
股関節が弱いラブラドールレトリーバーにとって、肥満は症状を悪化させる原因になる場合もあります。

ラブラドールレトリーバーに、少しでも元気で長生きしてもらいたいのであれば、特徴を知り、適したドッグフードを与える必要があります。
トップに戻る