ドッグフードにヨーグルトをプラスするといい効果と注意点

牛乳などの乳製品はあまり犬に与えない方がいいというイメージがあります。
確かに牛乳は消化に悪く下痢を引き起こす原因となる場合があるので、与えない方がいいです。
しかし、ヨーグルトなどの乳製品は与えても下痢を引き起こさない犬は多いです。

この違いは、牛乳には乳糖が含まれていて犬は上手に消化吸収できずに下痢を引き起こしてしまいます。
しかし、ヨーグルトは、含まれている乳酸菌が乳糖を分解してくれるため、牛乳よりも消化不良を引き起こしにくいのです。
適度なヨーグルトの量を与えることで、犬にとってプラスな効果が期待できます。

ヨーグルトの効果は、腸内環境を整えてくれることや、動物性のタンパク源となります。
また、免疫力を高めたり、口臭予防にもなったりするといわれています。
さらに、皮膚や毛並み、毛艶、疲労回復などに効果があるビタミンB1や、抗酸化作用のあるビタミンB2、血圧を下げてくれるカリウム、骨の健康を維持してくれるカルシウムなどが多く含まれています。

ヨーグルトの乳酸菌は、腸内環境を整えてくれる働きを持っています。
犬にとっても同じことがいえますが、人ほどではありません。
犬の場合、乳酸菌は腸内に届くまでに強い胃酸によって90%以上は死滅してしまうからです。
しかし、乳酸菌が死滅してしまっても、その死骸が腸内に届くことによってもともと腸内にいた乳酸菌に働きかけて、悪玉菌を減らす働きをしてくれるため決して無意味ではありません。

免疫力を高めるためには、このような腸内環境が大切になります。
また、腸内の悪玉菌が増えることが原因でおこる口臭には、腸内環境を良くしてあげることによって改善がみられることもあります。

このように、ヨーグルトには、いい効果が多いですが、ドッグフードにヨーグルトをプラスして与える場合は、注意が必要となります。

乳製品自体にアレルギーがある犬にとっては与えるべきではありません。
そして、乳酸菌が乳糖を分解して少なくしてくれますが、乳糖をゼロには出来ませんので、消化不良を起こし下痢をする可能性もあります。

与えるのであれば、1日にティースプーン約1杯で、無糖の低脂肪や無脂肪のタイプのヨーグルトがおすすめです。
また、乳酸菌が胃酸によってほぼ死滅してしまうため、ドッグフードを与えて胃酸が弱まっている時や、ドッグフードに混ぜて与えることをおすすめします。

適度な量や効果を最大限に生かすために、このようなことを注意して与えましょう。
トップに戻る