ドッグフードの密閉容器の役割

ドッグフードの密閉容器とは、基本的にドライタイプのドッグフードに異物が入るのを防ぐ役割や、ドッグフードの劣化や湿気などを防ぎ品質を保持する役割があります。

ドッグフードの消費期限は製品によって様々ですが、数ヶ月から1年半くらいのものが多いです。
これは未開封の場合ですので、一度開封すると、劣化するスピードが早くなり、そんなに長持ちしません。
そこで、ドッグフードを密閉容器に入れて保存することによって、劣化を遅らせることができます。

密閉容器には、様々な種類のものが販売されています。
1kg用のものから20kg用など用途に合わせて販売されています。

中には、容器内を真空状態にできる工夫がされているものも多いです。
一度真空状態にすると、3ヵ月ほど維持できるようなものもあれば、1日しか維持できないものもあります。

また、真空状態にはできませんが、密閉タイプで容器内に除湿剤を取り付けることが出来て、湿度からの劣化を遅らせることができるものもあります。

最適な保管場所は、これらの密閉容器に入れて、温度変化が少なく、日の当たらない涼しい場所に置きましょう。
保管場所の注意点は、ドライフードを冷蔵庫に入れて保管すると、出し入れする際に結露が付き水分がついてしまう可能性があります。
そうなると、湿気やカビの原因となり、いくら密閉容器に入れていても劣化が早くなります。

ドッグフードの品質が悪化する原因は、酸化や湿気によるものがほとんどです。
多くのドッグフードの消費期限が長いのは、多くの酸化防止剤や保存料などの添加物が含まれているからです。
しかし、このような添加物が入っていたとしても開封して時間が経つと、どうしても酸化してしまいます。
ドッグフードが酸化してしまうと、脂っぽくなりにおいが変わります。
そして、栄養価も低下し、湿気てしまいます。
この酸化して出てくる脂は、犬にとっていいものではありません。

また、湿気てしまうと、ドライフードに細菌やカビが繁殖してしまい、食中毒や消化不良の原因となります。

このようなことを防ぐためにも密閉容器に入れて保存しましょう。

さらに、無添加のドッグフードであれば添加物が含まれていないため、消費期限が短いですし、劣化も早いので、特に真空状態が維持できる密閉容器に入れて保存することをおすすめします。
トップに戻る