国産食材のドッグフードの特徴と見分け方

国産食材を使用した食品は、人間の食品にとっては高品質のため、ペットフードも安心だと思いがちですが、そうではありません。
日本はペット後進国であり、アメリカをはじめとした諸外国の方が、ペットに関することは先をいっているのが現状です。
ペットフードも例外でなく、国産に比べ、海外産のドッグフードは高品質なものが多い傾向にあります。

このような海外の高品質なドッグフードを購入するためには、原産国を見極める必要があります。
その方法としては、メーカーに問い合わせる他ないのが現状です。
現在、日本のペットフードついて定められている主な法律はペットフード安全法になります。
この法律では、成分規格や製造方法などのペットフードの製造に関わること、輸入・製造・販売に関わる記録や届出に関すること、ペットフードに表示すべき内容などについて定められています。
しかし、この法律では、原材料の原産地の表記は義務付けられていません。
ドッグフードの製造過程において、日本で最終加工が行われると「国産」と表記できるなど、原材料表記に関しては抜け穴の多い法律になります。
したがって、原産国を知るにはメーカーに問い合わせをする他にないと言わざるをえないのが現状です。

ただし、海外産のドッグフードの方が優れていると上述しましたが、日本のペットフードも原材料にこだわったものが増えて来ています。
「プレミアムドッグフード」が良い例です。
プレミアムドッグフードとは、犬に必要な栄養をバランスよく、高品質な原材料を使用し、添加物を必要最低限もしくは無添加で作られているドッグフードのことを指します。
高品質なため、価格も通常のドッグフードよりも高く設定される傾向にあります。
国産のプレミアムドッグフードは、無添加で原材料にこだわって作られているものが最近増えて来ています。

外国産、国産で品質の線引きをするのも一つの手立てではありますが、昨今の国産プレミアムペットフードメーカーの情勢から、原産国よりもメーカーの原材料へのこだわりを見極めることが重要です。
第一段階として、メーカーのホームページに足を運び、そのメーカーの製造するプレミアムドッグフードこだわりについて調べることが大事です。
そして、メーカーに直接問い合わせることで、そのペットフードが本当に高品質な原材料を使用しているかどうか見極めることができるでしょう。
愛犬の健康的な食生活のために、勇気を出してメーカーに問い合わせてはいかがでしょうか?
トップに戻る