ビール酵母入りドッグフードの栄養とその効果について

ビール酵母入りのドッグフードは、海外では出回っていますが、日本ではあまり出回っていないのが現状です。
ビール酵素が入っているドッグフードを探すには、原材料の欄に記載されていることがあるので、パッケージを見ると良いでしょう。
しかしながら、探しやすいのは、ビール酵母の入っているドッグフードより、ビール酵母のサプリメントであり、種類も豊富です。
いつも与えているドッグフードに、ビール酵母入りのサプリメントを混ぜて与える方法がオススメです。

ビール酵母とは、もともとビールを製造する過程で必要な酵母で、糖を分解してアルコールと炭酸を発生させる、直径5~10ミクロンの微生物です。
ビール酵母に含まれる栄養やその効果について順に説明していきます。

ビール酵母に含まれる栄養とは?

ビール酵母の約半分は、アミノ酸でできています。
アミノ酸は、タンパク質を構成する栄養素となります。

また、ビタミンも豊富に含まれています。
具体的には、ビタミンB1・B6・B2・ニコチン酸・パントテン酸・B12・葉酸などのビタミンB群が含まれています。

さらに、食物繊維やミネラルも豊富に含まれています。

ビール酵母の効能、効果とは?

ビール酵母の約半数を占めるアミノ酸がもたらす効果は、代謝を促進し、エネルギーを生み出してくれます。
そのため、筋肉を強くしてくれたり、疲労回復の効果があります。

ビタミンは、体内に取り入れた栄養素のエネルギー変換を助けてくれます。
また、新陳代謝を活発にしてくれて、基礎代謝をあげる効果があります。

食物繊維は、整腸効果があるので便秘や下痢などのトラブルを予防してくれます。

ミネラルは、骨を作るために大切な栄養素です。
また、タンパク質が不足すると、毛並みが悪くなったり、フケが出やすくなったりもします。
タンパク質を構成するアミノ酸は多く含まれていますが、さらにミネラルがこのタンパク質の合成を助けてくれるため、欠かせない栄養素となります。

その他にも、コレステロール値を抑える働きがあり、減量目的にもこのビール酵母入りドッグフードやサプリメントは効果があるといえます。

このように、ビール酵母に含まれる栄養素は様々で、犬にとっていい効果がとても多いです。
ビール酵母が含まれるドッグフードはいいものですが、探しづらい場合は、サプリメントで摂取することもおすすめです。
トップに戻る