半個体のドッグフードのメリット・デメリット

半固体のドッグフードとは、ドライフードと缶詰などのウェットフードの間のものです。
この半固体のドッグフードは、「セミウェットフード」や「セミモイストフード」とも呼ばれていて、水分量が25~35%のものを指します。
このような特徴をもつ半固体のドッグフードを与えるメリットとデメリットを詳しく説明していきます。

メリット

嗜好性が高い

肉に近い食感で匂いもよく、水分にも十分味が染み込んでいるため嗜好性が非常に高いです。
ドライフードが苦手な犬や、好き嫌いが多い犬が好んで食べてくれるということも多いです。
ドライフードに少量トッピングして与える方法もおすすめです。

柔らかい

食感が柔らかいので、噛む力の弱い子犬や高齢犬には大きなメリットとなります。
また、歯が無い犬や歯が少ない犬にとっても食べやすい柔らかさとなっています。

水分補給

半固体のドッグフードには、ウェットフードとまではいきませんが、水分量が多めに含まれています。
そのため、水分をあまり取りたがらない犬にとっては、少しですがフードから水分補給をすることができます。
しかし、このドッグフードだけに水分量全て頼るのではなく、水分補給はしっかりしてもらいましょう。

デメリット

添加物が多い

食べ物は全て水分量が多いと傷みやすくなります。
そのため、ドライフードよりも多くの添加物が含まれています。
添加物を摂取し続けると体に悪影響を及ぼす場合もあります。

賞味期限が早い

添加物が多いというデメリットと同じく、水分量が多いため傷みやすいのでドライフードよりも賞味期限が早いのが特徴です。
添加物に気を使っている半固体のドッグフードもあります。
あまり添加物を使用していなかったり、天然由来のものを使用していたりする場合は、通常の添加物を使用して作られているものよりも賞味期限が早くなります。

歯石

食感が柔らかいということは、歯に食べかすが残ったり隙間に詰まりやすくなったりします。
そのため毎日の歯磨きが習慣になっていない犬にとっては、歯石の原因となります。
歯石が溜まると歯周病の原因ともなりますので注意が必要です。
半固体のドッグフードをよく与えるのなら、毎日の歯磨きをすることが大切です。

半固体のセミウェットフードやセミモイストフードは、メリットもありますがその分デメリットもあります。
与えるのであれば、愛犬の体質や生活スタイルに合わせて半固体のドッグフードを与えてあげましょう。
トップに戻る