缶詰ドッグフードのメリット

缶詰ドッグフードとは缶詰に入ったドッグフードで、ウェットフードと呼ばれるドッグフードに分類されます。
水分量が75%以上ととても水分量が多いのが特徴です。

缶詰ドッグフードのメリットは、柔らかい・水分量が多い・嗜好性が高い・カロリーが高いなどが挙げられます。
順に詳しく説明していきます。

柔らかい

食感が肉に近いような歯ごたえがあるものから、ペースト状の離乳食のようなものまで様々な柔らかさがあります。
ドライフードに比べると、缶詰ドッグフードの全てにおいてとても柔らかく食べやすいです。
特に、歯が悪い高齢犬や病気で食餌がとりづらい犬には食べやすい食感になっているものが多いです。

水分量が多い

缶詰ドッグフードは、ドライフードやセミウェットフードに比べて水分量が高いドッグフードです。
水分量が多いということは、普段それほど水分をとれていない犬には大きなメリットとなります。
水をたくさん飲まなくても、ある程度の水分が食餌からとることができます。
便秘ぎみの犬や病気で水分がとりづらい犬には缶詰ドッグフードはおすすめです。

嗜好性が高い

缶詰ドッグフードは食感もよく、水分量が多いため匂いも立ちます。
美味しそうな匂いがして食べた時の食感も良ければ、犬にとって美味しく感じられるものです。
ドライフードより嗜好性が高く、缶詰ドッグフードならよく食べるという犬が多く、ドライフードに缶詰ドッグフードをトッピングして与えるのもおすすめです。

カロリーが高い

ドライフードよりもカロリーが高い缶詰ドッグフードは多いです。
高齢犬や病気の犬でカロリーが必要な場合、缶詰ドッグフードはおすすめです。

缶詰ドッグフードのメリットは、健康な犬に毎日与える食餌というよりは、高齢犬や歯が悪くドライフードが食べにくい犬、病気で水分やカロリーが必要な犬の食餌に大きなメリットがあります。
健康な犬に毎日缶詰ドッグフードを与えると、栄養が偏ったり、肥満の原因になったり、消化不良を起こしたりする可能性もありますので、缶詰ドッグフードを与える場合は愛犬の状態と相談しながら上手く使いましょう。
トップに戻る