賞味期限

粗悪なドッグフードって?

ドッグフードはどれも同じではありません。
メーカーにより遣う原料や材料も異なりますし、原料が違えば風味や味も変わってきます。
犬は人間のように調味料を使いませんので、人が犬用の食べ物を食べると味がほとんどない事に驚くかもしれません。

逆に人が美味しいと思う味付けは、犬にとっては不要な物で、人には健康に良いと言われる物も、犬にとっては毒となる物もあるのです。
犬を大切な家族の一員と思い可愛がる人ほど、ドッグフードも安全な良い物を選びたいと考えます。

見極める基準にもいくつかありますが、一番シンプルでわかりやすいのは飼い主自身が口にできるかどうかです。
もちろん普通は食べませんが、初めて与える物は安全性を確認する意味でも、飼い主さんも味見をするのがおすすめです。
決して美味しいもは言えませんが、口にしてももんだいなければ犬にも安心して食べさせられます。

もしも刺激臭や口の中に刺激を感じたら、そんな物を犬に食べさせたらどうかるかわかりません。
犬だって刺激物を食べれば体調を崩します。
もしもそれが犬にとって毒となる物だったら、最悪命を落とす事もあります。

粗悪なドッグフードの原材料には、肉骨粉、肉副産物、大量の合成香料や着色料を使っています。
肉副産物や肉骨粉の中には、病気で死んだ動物の死骸、鳥の羽、糞尿、血や内臓も含まれます。
そうと知っていたら自分では口にできないはずです。

飼い主自身が口にできない物は、粗悪なドッグフードと考えていいでしょう。
上質のドッグフードには鮮やかな色はありません。
綺麗な色美味しそうに見える色は、添加物を使用しているからです。

色に関しては素材の色がそのまま出る事もありますが、ドッグフードの性質を考えると鮮やかな色になるのは不自然です。
特に訳ありドッグフードを選ぶ時は原料を細かくチェックする事をおすすめします。
肉骨粉や肉副産物、添加物を多く使った物は避けておきましょう。
ドッグフードは犬の主食ですから、良質な物を選んでください。