賞味期限

オーガニック認定済のドッグフード

パッケージにオーガニックと書いてあっても、オーガニック認定済とは大きな違いがあります。
オーガニック認定済のドッグフードは外国製のものが多いのですが、日本には人を対象としたオーガニック認定団体はあっても、ドッグフードまでは対応していません。
やはりペット先進国の方が、犬の生活に関しても意識が高い分、ドッグフードも充実しています。

外国製のドッグフードだと購入方法は限られますが、正規品を輸入販売している業者は日本にもありますから、ネットショップからの購入が可能です。
オーガニック認定済を受けているのは、ヤラー、ケイクランズがあります。

ヤラーは1991年からオーガニック認定を受けているドッグフードです。
ヨーロッパで初めてオーガニックフードを導入した事でも話題になりました。
オランダにある国際的なオーガニック認証団体Skalの認定を受けていますので、信頼と実績がある証拠と考えていいでしょう。
日本で有機認証100%のドッグフードは、ヤラーだけだと言われています。

他にもオーガニックや無添加ドッグフードはたくさんありますが、加工段階で添加物を使用している場合は表示義務がないためわかりません。
オーガニック認証を受けているというのは、100%オーガニックの証だから安心です。

ドッグフードというカテゴリでは少し違いますが、ドイツのケイクランズのビスケットもオーガニック認証済です。
主食ではなくおやつ用のビスケットですが、ペット先進国と言われるドイツの中でも中心的存在となる、オーガニック認証機関より認定を受けています。
犬用のおやつも安全性の高い物を選びたい人におすすめです。

世界的に有名なオーガニック認証機関からの認定を受けていれば安心できますが、こういった機関は基準が厳しく、一度認定して終わりとはなりません。
定期的に調査を行い、基準を保てていなければ認定は取り消されます。
定期的に調査をして、継続できているというところもポイントです。