賞味期限

失敗しない!通販でドッグフードを購入するコツ

直接ショップに行き、ドッグフードを購入する場合はパッケージの状態や賞味期限も自分の目で確認して選べます。
直接手に取り、自分の目で確かめてから買うのが安心ですが、近くにショップがない場合や、あっても大型犬用や多頭飼いの場合は一度にたくさん購入するので、かなりの重量になります。

車があれば車に積んで持ち帰れますが、重いフードを運ぶのは意外と大変です。
こういう時は通販が便利ですが、通販の場合は自宅に届くまで商品を確認できません。
もちろんメーカーから直接正規品を購入するのであれば、品質も保証されていますから安心です。

安売りのフードや並行輸入のフードは少し注意が必要です。
犬の主食ですから小型犬でも良いフードを食べさせたい場合は、お金が掛かります。
飼い主としては犬の健康が第一ですが、同じ物なら安いほうが良いと考えるのも自然な事です。

しかし同じメーカーでパッケージが同じでも、定価より安く売る場合は必ず理由があります。
賞味期限ギリギリだったり、最悪賞味期限切れだったりという例もあります。
ドッグフードも添加物が入っていない物は劣化も早く、腐敗もしますから安いからと手放しでは喜べません。
粗悪な食では犬も体調を崩します。
安心安全なドッグフードを与えなければのちの通院費が嵩みます。

並行輸入に多いのは、在庫処分品です。
賞味期限はクリアしていても、パッケージが正規品とは違う事が多く、こういう場合は新しくなる前の古いタイプを安く販売しています。
確かに価格の安さは魅力敵ですが、安全性も考えて中身やいつ製造された物かを確認してから購入しましょう。
良心的なショップは問い合わせれば教えてくれます。

通販ではカタログやネット上にある画像を見て選びます。
しかし中にはパッケージが違っていたり、全く違う商品が届いたりする事もあります。
こういう場合ショップにより対応が異なります。
ショップ側に責任があっても、開封してしまうと返品できないという事が多いです。
何かあった場合にどこまで返品や返金に対応しているか、返金保証なども有無を確認し、賢いドッグフード選びをしましょう。