賞味期限

ドッグフードに混ぜた薬を残す

せっかく見えないように上手くドッグフードに薬を混ぜ込ませても、犬はいとも簡単にそれを見抜き、薬だけきれいに残す事があります。
病気の治療や病気予防に欠かせない薬なのに、と飼い主も困ってしまいますが、犬の嗅覚は人の何倍もありますから隠してもニオイでバレます。

こういう時は薬の形状にもよりますが、動物病院で混ぜても大丈夫な物を確認しておきましょう。
粉薬の場合は犬用の牛乳に溶かして飲ませるという方法もありますが、成分によっては牛乳の成分が薬の効果を邪魔する事があります。
食欲旺盛な犬でも、いつもと違うニオイを感知すると口を付けなくなってしまいます。

こういう場合はカプセルにして、直接飲ませる事もできます。
ただしこれも念のため獣医に相談してください。
錠剤なら下手にドッグフードに混ぜて残されてドロドロになるよりも、直接口に入れて飲ませる方が簡単です。

錠剤やカプセルを飲ませる時は、犬の口を開けて薬を舌の奥の方に置くようにして、そのまま口を閉ざせます。
この時押し込むとオエっとなってしまい犬が嫌がるので、無理強いはNGです。
犬の口を閉じたら軽く手で押さえ、鼻にフっと息を吹きかけます。
この時うまくいけば薬を飲み込んでくれるのですが、コツが必要です。

うまくできない時は動物病院でやり方を教えてくれますから、薬を処方された時は飲ませ方を聞いておくと安心です。
これでも上手く飲ませられない時は、犬の大好物やおやつにくるんでそのまま口に放り込むという方法もあります。
ニオイが強い薬は犬が警戒しますが、例えば牛肉や鳥のササミを軽くゆがいた物にくるんでしまえば、意外とあっさり食べる事もあります。
薬の粒が大きい時は、細かく砕いて何回かに分けるとやりやすいです。

薬の種類によりニオイや形状が変わりますが、その都度やり方を変えれば対応できます。
警戒心がない犬はドッグフードに混ぜても平気で食べますし、中には錠剤をそのままポリポリと食べる犬もいます。
こればかりは個体差ですが、嫌がる事を無理強いすると犬との信頼関係にヒビが入りますから、できるだけストレスを与えないよう、上手く対処していきましょう。