ドッグフードで抜け毛は抑えられるの?

犬には、換毛期という春と秋に毛が生え変わる時期があります。
この換毛期には、どの犬種にも毛が抜けます。
また、犬種によって抜け毛が多い犬や少ない犬など様々です。
このような換毛期による抜け毛は、ドッグフードでは抑えられません。
しかし、ドッグフードが原因で抜け毛が酷くなることもあり、そのような抜け毛は、ドッグフードを見直すことによって抑えられる可能性があります。

ドッグフードが原因で抜け毛が起こるのは、栄養不足やアレルギー、添加物などがあります。

「総合栄養食」と呼ばれるドッグフードはそのドッグフードと水だけを毎日与えることによって健康を維持できるような栄養素的にバランスのとれたドッグフードのことをいいます。
この総合栄養食ではなく、手作りの食事を与えていたり、手作りの食事と総合栄養食を組み合わせて与えたりすると、栄養バランスが悪くなり、犬に必要な栄養素が不足する場合があります。

また、品質が悪いドッグフードにより抜け毛が増えてしまう場合があります。
安価なドッグフードは、原材料のコストをおさえるため、犬に必要ではない穀物類をカサ増しで使用していたり、4Dと呼ばれる粗悪な肉類を使用していたり、品質が悪い場合がほとんどです。
さらに、このような品質の悪さを誤魔化すために酸化防止剤や着色料などの添加物も多く使用されています。
原材料が粗悪なため、分解・吸収しにくく、栄養不足になるばかりか、添加物によってアレルギーが起こるなど、良い事がありません。
このように、品質が悪いドッグフードは、毛艶や皮膚の健康も悪くし、結果として抜け毛が増えます。

今まで、安いドッグフードを与えていて、抜け毛が気になっていたのであれば、穀物類が使われていないグルテンフリーやグレインフリーのドッグフードや、オーガニックドッグフード、無添加ドッグフードなどの高品質な物に変えてみることをおすすめします。

高品質なドッグフードを与えていても、抜け毛が酷い場合は、病気の可能性もありますので動物病院で相談しましょう。
トップに戻る