賞味期限

完全無害のドッグフードってある?

昔に比べて社会全体が、食に関する安全性について考えるようになっています。
健康志向が高い人も増えていますが、これは人だけに限らず犬や猫というペットにおいても見られる傾向です。
大切な家族の一員のために、良質なドッグフードを選びたいと考える人も増えています。

自然派ドッグフードとか、オーガニックドッグフードは名前からも良さそうなイメージが伝わってきますが、100%無添加とか、100%天然素材にこだわったというのもどこまでかはわかりません。
もちろん疑いだしたらきりがありませんし、メーカーもそれなりに自信があるからパッケージにも明記したり、ホームページでも全ての材料や成分を公開したりしているのでしょう。

しかし人の食事がそうであるように、完全無害というのは難しい部分があります。
この場合害となるのは、添加物の事をさしますが、中には天然由来の保存料というのもありますが、天然由来なら完全無害と言い切れるのかは疑問が残ります。

添加物というと着色料や香料、保存料や防腐剤などが思い浮かびますが、犬に必要な栄養バランスhttp://www.touchthesound.jp/eiyoumenn.htmlを整えるために加えるビタミンやミネラルも、大きく分ければ添加物です。

市販のドッグフードにも種類はありますが、中には見るからに怪しそうな成分を配合している物もあります。
どのように作用しているかはわかりませんが、少しでも不安要素がある物は避けたいと思ってしまいます。

もちろん何でもかんでも排除してしまえば、口にできる物がなくなってしまいますし、完全無害ドッグフードを目指して、手作りするにしても今度は栄養バランスが偏るという問題が生じますし、その原料が完全無害でなければ意味がありません。

愛犬の健康を考えてできるだけ自然で体に良いドッグフードを選びたいというのは素晴らしい事です。
しかしこだわりすぎるあまり、完璧を求めてしまうのも問題です。
明らかに害になる物は避けるべきですが、健康上問題がない物で犬が喜んで食べているなら、それが一番いいのかもしれません。