ドイツ産のドッグフードの特徴とドイツのペット事情

ドイツは、ペット先進国であり、ペットに対する意識がかなり高い国の一つです。

ペットに関する法律や規定は厳しく、ドッグフードに対する意識も高いため、種類も沢山あります。

ドイツでは、生の動物性材料や植物性材料、添加物などの全ての材料において、人間が食べても問題がないものでなければならないと法律で決められています。
そして、製造されるドッグフードは、「EU法の規則」に従って製造されています。

EU法のペットフードに関する規則の食品法では、「食品法は人の生命と健康の保護及び、消費者の利益の保護の追求を目的とし、適切な場合において動物の健康と福祉を考慮すべき」と設定されています。
また、「その他、有害物質の規制や飼料添加物、動物性タンパク質の利用等に関する規則、指令及び勧告有り」という規定もあり、添加物や動物性タンパク質などの材料がしっかり管理されていることも分かります。
また、動物の肉を使用してはいけない部分や生肉をペットフードに使用する場合の熱処理の方法なども規定で定められています。

ドイツでは、このような厳しい規定のもとでドッグフードが製造されています。
このようなことから、犬のことをしっかり考え、穀物不使用のグルテンフリーやグレインフリー、無添加、遺伝子組み換え食品不使用、オーガニック原材料使用、天然由来の保存料使用のドッグフードを製造している会社が日本に比べるととても多いです。
無添加なものは、保冷輸送や保冷輸出をするなど、品質劣化対策もしっかりされています。

こんなにもペットに対して意識が高いのは、ドイツ特有のペット事情があるからです。
ドイツは、ヨーロッパの中でもペット先進国で、犬を飼っている人がとても多い国です。
しつけが出来ていれば、一緒に電車に乗れたり、カフェやレストランに入れたり、街ではノーリードで散歩をしていたりします。
また、スーパーでは犬を繋いでおけるポールがあり、外で飼い主を待っていることができます。
そして、犬を飼うにあたっても、ペットショップでの生体販売が禁止されているため、動物保護施設で予約し、産まれた犬を飼うというシステムなので、無責任に犬を飼うことが防げます。
そして、殺処分もありません。

ドイツ国内のこのような環境で、国民全体で犬を大切にしているのが分かります。
犬を家族の一員として大切にしている人が多く、食事も人と同じように高品質の原材料から作られるドッグフードを与えたいという飼い主が多いのです。
多種多様で高品質なドイツのドッグフードは、日本の犬愛好家にも人気は高いです。

しかし、ドイツ産だからといって、全てドッグフードが安全で良質とはかぎりません。
購入する時は表示や原材料をしっかり確認して購入しましょう。
トップに戻る