ダックスフント用に作られたドッグフードの特徴とは

胴長で短足な体型が特徴であるダックスフントは、椎間板ヘルニアになりやすく、肥満にもなりやすい犬種です。
このようなことから、ダックスフント用のドッグフードは、グルコサミンやコンドロイチンなどが含まれていたり、食物繊維が多く含まれていたり、低カロリーで作られていたりするのが特徴です。

椎間板ヘルニアとは、椎間板が年齢とともに弾力性がなくなったり、もろくなったり、遺伝的な要因によって弱かったりすることが原因で起こります。
背骨に強い衝撃がかかることによって、外に飛び出てしまい、神経を圧迫して痛みや麻痺を引き起こす病気になります。
椎間板とは、背骨の骨と骨の間に背骨の負担を和らげるクッションのような働きをしてくれるゼラチンのようなものです。
椎間板ヘルニアは、ダックスフントの代表的な病気で、発症率がとても多いことから、ダックスフント用のドッグフードには、関節を保護する働きのあるグルコサミンやコンドロイチンが含まれています。

グルコサミンやコンドロイチンなどは、椎間板ヘルニア発症後の痛みに対する鎮痛作用や抗炎症作用ではなく、発症の予防作用を期待してドッグフードに含まれています。
具体的には、関節の軟骨を丈夫にする作用があり、椎間板ヘルニアの発症リスクを下げる効果が期待されます。

また、肥満も十分に気をつける必要があります。
肥満になることによって骨や関節にも負担がかかり、椎間板ヘルニアになってしまう可能性が高くなったり、症状が悪化したりする危険性があります。

ダックスフントは太りやすい特徴があり、通常のドッグフードでは、給与量をしっかり守っていても太ってしまいます。
そのため、ダックスフント用のドッグフードは食物繊維が多く含まれ、低脂肪、低カロリーで太りにくい工夫がされています。

このように、ダックスフント用のドッグフードは、ダックスフントの特徴から健康管理しやすい様に作られています。
ドッグフード選びに迷った時は、ダックスフント用のドッグフードを選んでみてはどうでしょうか。
トップに戻る