賞味期限

ヘルニアの犬に適したドッグフード

犬のヘルニアにもいくつかありますが、ここでは椎間板ヘルニアについて話をします。
まずヘルニアの原因をはっきりさせておきます。
これは動物病院で診てもらえばわかりますが、大抵の場合原因は肥満、老化、生活習慣です。

背骨に負担がかかりやすいダックスフントhttp://stationstreetpgh.com/dachshund.html、バセットハウンドなど犬種によりなりやすい事はあります。
他にはベッドやソファーかなど高いところから飛び降りたり、飛び乗ったりするのも背骨に負担をかけます。

原因により対処法も異なりますが、ドッグフードを選ぶ時は関節や骨をサポートする成分が必要です。

肥満の場合は重い体重が背骨に負担をかけているのでダイエットが必要ですが、痛みがある犬に運動はさせられません。
この場合は食事制限をしてダイエットさせます。
ただし極端に栄養を制限すると、健康面での問題が生じますから、脂肪を減らし筋肉を付けるための栄養を取り入れる事も大切です。

犬も年をとれば、関節や骨も老化していきます。
こういう場合は骨や関節をサポートする成分を含んだドッグフードやサプリメントで、コンドロイチンやグルコサミンなど、関節や骨に必要な成分を補います。

痛みがある時は無理に運動をさせられませんが、回復してきたら徐々に運動を取り入れるのもいい方法です。
ただし必ず獣医に相談してください。

肥満でもなく、老犬でもないという場合は、高いところからのジャンプをさせないなど予防が大切です。
高さがあるソファーやベッドに移動する場合は、腰に負担をかけないようにスロープを作ってあげましょう。
食事も大切ですが、ヘルニアのリスクを高める背骨への負担を軽減させる事も大切です。

ヘルニアの犬には骨や関節をサポートするドッグフードがおすすめですが、筋力をつけたい場合は、良質のたんぱく質を多く含むドッグフードを選ぶといいでしょう。
ヘルニアになってからでもドッグフードを見直す事はできますが、そうなる前に予防の意味で犬に合ったフードを選ぶのも大切です。