チワワ用に作られたドッグフードの特徴とは

チワワは、少食だったり食欲にムラがあったりするのが特徴です。
また、骨格が小さいため、顎も小さく力もそれほど強くはありません。
肥満にもなりやすかったり、消化器が弱く下痢や嘔吐をしやすかったりする犬種です。
そして、涙やけを起こしやすかったり、毛並みもドックフードによって左右されやすかったりという特徴をもっています。

少食や食欲にムラがあるチワワに対しては、嗜好性をあげたり、サイズや形を食べやすくしたり様々な工夫がされているチワワ用のドッグフードがあります。

また、消化器が弱いために消化しやすいタンパク質や、食物繊維、高品質な炭水化物が含まれているチワワ用のドッグフードもあります。
また、一度に食べられる量も少なく、この少ない量でもしっかり栄養がとれるドッグフードになっています。
消化を助けてくれる原材料は、消化器にいいだけではなく、毛並みなども良くなります。

このように、チワワ用のドッグフードは、チワワの特徴を考慮して作られています。

チワワが、消化を悪くしたり、毛艶が悪くなったり、涙やけを起こしたりするドッグフードの特徴は、穀物がメインで作られているものや添加物がたくさん含まれているものです。
このようなドッグフードは、比較的に安価で手に入るものに多いです。
小さくて可愛らしいチワワといっても、本来は肉食の犬です。
犬にとって一番必要となる栄養素はタンパク質ですので、良質な肉類をメインに与える事が必要です。

穀物類がメインのドッグフードの主な栄養素は炭水化物です。
犬にとって炭水化物はそれほど必要の無い食べ物なので、消化しにくくなっているのです。
良質な肉を与えることができれば、タンパク質や適度な脂質、ビタミンも摂取できて消化にもよく、毛艶もよくなりますし、健康が維持できます。

着色料や酸化防止剤などの添加物は、アレルギーの原因となったり、発がん性の危険があったりします。
人の食べ物には禁止されているものでも、ドッグフードには使われる場合があります。
このような添加物が含まれているドッグフードをチワワが食べると、体が小さいので、その分、大きな影響を受けてしまいます。
また、添加物が多く使用されるドッグフードは、原材料自体の品質が悪く、下痢や嘔吐などの消化不良や、涙やけや毛艶の悪さ、アレルギーが起こります。

チワワ用のドッグフードを与える場合も、一般的なドッグフードを与える場合も、チワワにとって良くないドッグフードの特徴を知り、選ぶ事が大切になります。
トップに戻る