賞味期限

犬が喜ぶドッグフードは?

犬がどんなドッグフードを喜んで食べるかは、個体差が大きいです。
食欲旺盛な犬はどんなドッグフードでもペロリと平らげてしまいます。
しかし中には全くドッグフードを食べない犬もいます。
犬が喜ぶポイントとはどこにあるのでしょうか。

犬はどんな犬でも目の前にドッグフードを置けば喜んで食べる、こう思われています。
確かにドッグフードは犬の主食ですし、ご飯を楽しみにしている犬もたくさんいます。
犬の健康を考えて飼い主が選んだフードを大喜びで食べてくれれば、飼い主も嬉しくなります。

でも中には全く口をつけないどころか、興味さえ示さない犬もいます。
こういう時にはいくつかの原因が考えられます。
ドッグフードの味よりも美味しく感じるおやつをたくさん食べているから、お腹がすいていない。
飼い主にきつく叱られたショックで一時的に食欲がなくなっている。
食べ方がわからない、といったところでしょうか。

おやつやショックを受けている場合は、時間が経てば食べるようになりますが、食べ方がわからない時は飼い主が教えてあげないといつまで経っても食べられません。
この場合は今まで柔らかくして食べさせていたのに、カリカリのフードを食べさせようとしたときに見られる事があります。

ドッグフードの種類が変わるとニオイも変わるので、戸惑ってしまい食べなくなる事もあります。
こういう時は口元にフードを持って行き、ニオイを嗅がせてみましょう。
口につけると食べ物だと認識して、途端に食べ始める事があります。

犬は元々肉食ですから、肉系のドッグフードを喜ぶ傾向がありますが、これも個体差です。
フィッシュ系が好きな子もいれば、肉でもターキーやラムを好む子もいます。
いろいろなお肉が試せるドッグフードセットもありますので検討してみてはいかがでしょうか。

犬がどんなドッグフードを喜んで食べるかは、個体差もありますが、いくつか試してみて一番食い付きがいい物がベストと考えていいと思います。
ドッグフードだけでは飽きてしまい食べない事がありますが、こういう時は味を付けずにお湯だけゆがいた鶏肉と野菜をトッピングすると喜んで食べる事があります。
食欲が落ちやすい夏にオススメです。