オーダーメイドのドッグフードとは?

オーダーメイドのドッグフードとは、愛犬の体質や好みに合わせて作られるドッグフードのことです。
最近では、オーダーメイドのドッグフードがペットショップやインターネット通販、動物病院などで売られることが増えてきました。

オーダーメイドのドッグフードの最大のメリットは、食物アレルギーを持っている犬に安心して食べさせることができるということです。
アレルギー検査をしていて、何が原因でアレルギーが起こるのかが分かっていれば、そのアレルギーとなる原因の原材料を除いて作ってくれます。
さらに、他の原材料もアレルギーになりにくい原材料で作ってくれるのでとても安心です。

アレルギーの他にも、涙やけが酷かったり、毛質が悪かったり、体臭がきつかったり、太りやすかったりなどの体質の悩みにも対応してくれ、それぞれの悩みに合ったオーダーメイドのドッグフードを作ってくれます。

動物病院で売られているオーダーメイドのドッグフードでは、獣医師によるカウンセリングを受けて、アレルギーや病気の場合に食べさせるドッグフードのオーダーメイドができます。
例えば、病気をした場合、その病気に応じた決められた療法食を与えたり、食餌制限を行なったりしますが、療法食を食べてくれない場合や、食餌制限がある中でも美味しいものを食べさせてあげたいといった場合にオーダーメイドはおすすめです。

もちろん、特に悩みが無くても、健康維持の為や、少しでもドッグフードにこだわりたいといった場合、また、犬種や年齢に合ったドッグフードをオーダーメイドしたいという場合も利用出来るところが多いです。

オーダーメイドのドッグフードのデメリットは、市販のドッグフードよりも値段が高いところです。
1kg当たり、2000円前後、またはそれ以上することもあります。
そして、カウンセリングや相談が必ず必要になります。
オーダーメイドのドッグフードは、カウンセリングや相談をしてから作るので、手元に届くまでの時間はかかります。

しかし、オーダーメイドのドッグフードにはメリットの方が多くありますので、愛犬の体質に悩んでいる飼い主さんや、より良いドッグフードを与えたいと考える飼い主さんにはとてもおすすめです。
トップに戻る